やまのぼりはいいぞ

主に週末日帰り登山、アウトドアの記録です。

【北アルプス】上高地から吊尾根経由で奥穂高岳へ(1泊2日)

はじめに

シルバーウィークの三連休で登山始めてずっと行きたかった上高地についに降り立ちました。

旅のお仲間は大学時代から本格的にアルプスを攻めてる友人氏。

この友人氏、実は学生時代に某雑誌の山のイケメン特集で紹介された経歴の持ち主。

取材を受けたときのコメントは

「1人テント泊も楽しいですよ」

そんな彼ですが、今年めでたく人夫になられました。

彼は地方在住なので車で、私は夜行バスで上高地で合流です。

ルート

実は私は初アルプス登山で、3000m級の山は学生時代に登った富士山以来なので基本経験豊富な友人におまかせ。

まずは上高地から岳沢、重太郎新道を通って紀美子平へいき、前穂高へ。 その後は吊尾根経由で奥穂高山頂を目指し、奥穂高山荘で一泊。 帰りはザイテングラート通って涸沢へ行き、横尾山荘経由で上高地へ帰ってくる トータル25kmの1泊2日のプランで行くことになりました。

当日まで天気がどうなるか読めず、別の日するかどうか当日の朝まで決め兼ねてましたが 台風16号が心配だったので台風が来る前に行くことにしました。

川越駅 - 上高地 - 岳沢小屋

高速バスはさわやか信州号。

日にちが決まったのが8月末で、そこからバスを予約しようとしたら満席><

前の週から朝昼晩と毎回アクセスして空きを確認。

大宮発の川越経由のバスが一週間前に運良く予約できました。

上高地・乗鞍・白馬・立山への直行バス予約。宿泊プラン/日帰りプラン | 《公式》さわやか信州号

当日は天気が微妙だったためか、1/3は空いており二人分の席を1人で使えました。

5時過ぎに上高地バスターミナルに到着!寒い!!

f:id:takamiii228:20160922160804j:plain

f:id:takamiii228:20160922160803j:plain

友人と合流しいざ登山スタート!

河童橋梓川がめっちゃきれい\(^o^)/

晴れた日にゆっくり見たい。

f:id:takamiii228:20160922160805j:plain

f:id:takamiii228:20160922160806j:plain

岳沢小屋への登山中は晴れ間も見えてテンションが上がりました。

天然クーラー f:id:takamiii228:20160922160807j:plain

f:id:takamiii228:20160922160809j:plain

f:id:takamiii228:20160922160808j:plain

2時間ほど登ると岳沢小屋へ到着。

新しめの山小屋でした。

f:id:takamiii228:20160922160811j:plain

f:id:takamiii228:20160922160810j:plain

岳沢小屋 - 重太郎新道 - 紀美子平

岳沢小屋からは重太郎新道。

はしごや鎖、岩場が続きます。

f:id:takamiii228:20160922160813j:plain

f:id:takamiii228:20160922160814j:plain

みどりがめっちゃきれい。

f:id:takamiii228:20160922160812j:plain

一瞬見えた雲のない青空と穂高山系

f:id:takamiii228:20160922160817j:plain

f:id:takamiii228:20160922160815j:plain

初アルプスなので結構バテバテ

f:id:takamiii228:20160922160820j:plain

f:id:takamiii228:20160922160821j:plain

景色は壮大! f:id:takamiii228:20160922160819j:plain

息を切らしながらも紀美子平へ到着!

f:id:takamiii228:20160922160822j:plain

紀美子平 - 前穂高 - 紀美子平

紀美子平からは片道30分で前穂高に登れるということで、せっかくなのでザックを下ろして挑戦。

地図で見る限りすぐ行けると思いきや意外とキツイ登りでした。。。

30分ほど登ると前穂高の山頂へ登頂!

f:id:takamiii228:20160922160826j:plain

槍ヶ岳が雲のスキマから見えました。

f:id:takamiii228:20160922160824j:plain

涸沢カールも。

f:id:takamiii228:20160922160828j:plain

よい眺め! f:id:takamiii228:20160922160827j:plain

紀美子平 - 吊尾根 - 奥穂高岳 - 穂高岳山荘

紀美子平へ戻り、いよいよ吊尾根経由で奥穂高岳の山頂を目指します。

ここにきて天候が悪化。

風が強くなり、雨も降ってきました。。。

登山用に奮発して買ったレインコートが大活躍しました。

初アルプスで険しい岩場、風、雨で結構怖かったです。

高度も結構あったのでバテバテ。

口数も少なくなり、写真を撮る暇も元気もなくなってました笑

f:id:takamiii228:20160922160830j:plain

そんな中、アルプスのアイドル、ライチョウさんに遭遇!

f:id:takamiii228:20160922160831j:plain

チョコボみたいでかわいかった^^

暴風雨と岩場と数時間格闘し、なんとか奥穂高岳山頂へ登頂

f:id:takamiii228:20160922160832j:plain

ゆっくりする間もなく山小屋を目指します。

はしごを降りてようやく到着。

f:id:takamiii228:20160922160833j:plain

景色もクソもありませんでした笑

f:id:takamiii228:20160922160834j:plain

山小屋では談話室で北穂高から来たおじさんたちと話したり、

全く同じルートを辿っていた夫婦と山トークして盛り上がりました。

こんな何気ない会話も小屋泊の楽しみですね^^

そのおじさんたちはニュースになってた現場を目撃したそうです・・・。

headlines.yahoo.co.jp

この三連休で涸沢周辺の山々で滑落事故が結構な件数あったそうです・・・。

明日は我が身、気をつけたいものです。

穂高岳山荘では悪化する天気に怯えつつも明日雨が弱まるのを祈って就寝。

山小屋の本棚にヤマノススメ発見。最新刊もちゃんとあった笑

f:id:takamiii228:20160922160835j:plain

穂高岳山荘 - ザイテングラート - 涸沢ヒュッテ

夜は風の音が気になりましたが、耳栓のおかげてゆっくり寝ることが出来ました。

4:30に起床し、準備をして6:00に出発。

風は収まり、雨は小雨でした。

何も見えない/(^o^)\ f:id:takamiii228:20160922160836j:plain

ザイテングラート経由で涸沢ヒュッテを目指します。

昨夜からの雨で途中滝になってたり、岩場がつるつる滑ってめっちゃ怖かったです。

雨が強くなってきて、写真を撮る暇もなくひたすら下山。

2時間ほどで涸沢ヒュッテへ到着。

こんな天気でもテントがちらほら。

f:id:takamiii228:20160922160837j:plain

f:id:takamiii228:20160922160838j:plain

ぜひとも晴れてる日にまた来たいです。

涸沢ヒュッテ - 横尾山荘

涸沢ヒュッテからはひたすら下山。

山道は雨で沢下り状態。

雨がひどくなる前に下りきろうとペースアップ。

あとで気づいたんですが、我々が下ったあとに結構大変なことになってたっぽいです。。。

https://www.facebook.com/karasawahyutte

横尾山荘 - 徳沢 - 上高地

途中屏風岩とかあったらしいですが、そんな気にする暇もなく

土砂降りのなか、ガクガクの足を引き釣りながらひたすら上高地を目指します。

横尾山荘。

f:id:takamiii228:20160922160839j:plain

iPhoneポッケに入れてたらレンズの中が結露してしまった・・・。

ちなみに友人氏は以前奥穂高行った時はこのルートで登ったらしいです。

16km歩きつづけるコースはなかなかマゾですな。。。

そうこうしているうちに上高地へ到着。

約14kmを4時間弱で踏破!

f:id:takamiii228:20160922160840j:plain

あんなにきれいだった梓川は濁流になってました・・・。

温泉 & そば

上高地からタクシーで友人氏の車がある駐車場へいき温泉へ。

お湯に入った瞬間足がチクチク。岩場でぶつけて結構擦りむいてました笑

www.sawando.jp

温泉の後は近くにあるお蕎麦やさんで蕎麦を頂きました。

杣乃家 - 上高地その他/そば [食べログ]

f:id:takamiii228:20160922160841j:plain

友人氏の車で松本駅まで送ってもらい解散。

特急あずさで東京へ戻りました。

まとめ

初のアルプスでしたが首都圏にある1500m級の山とは全然景色違いますね。

晴れた日の景色をぜひ拝んでみたいです!

そして雨の登山はまじで怖かったです。生きて帰ってこれてよかった。

かえでさんの「山は逃げない」のセリフの通り、ときには戦略的撤退もしつつ

安全第一で登山を楽しみたいです。

ルートおさらい

■0日目 - 1日目

22:30 川越駅 (さわやか信州号 7400円) -> 5:20 上高地バスターミナル ->

6:00 登山スタート -> 8:00 岳沢小屋 ->

11:00 紀美子平 -> 11:30 前穂高岳

12:00 紀美子平 -> 吊尾根 -> 14:00 奥穂高岳山頂 ->

15:00 穂高岳山荘(素泊まり6600円)

■2日目

4:30 起床 -> 6:00 穂高岳山荘出発 ->

-> ザイテングラート -> 7:30 涸沢ヒュッテ ->

9:30 横尾山荘 -> 10:30 徳沢 -> 11:45 上高地 ->

13:00 上高地 -> 沢渡駐車場(タクシー4200円)->

13:30 梓湖畔の湯(720円) -> 杣乃家 15:00 ->

16:00 松本駅 -> 16:30 特急あずさ -> 19:21 新宿駅(6900円)